NIPPON頑張れ!

明けましておめでとうございます。 本年は厳しい年の始まりの予感満載ですが、波にのまれることなく飛躍していこうと思います。 年初から厳しい記事となってしまいますが 当社は特にこの1年間、アメリカ企業とのやりとりが多くなってきました。 そのような中で感じるのは 一般人のITリテラシーの差です。 例えば、あるバーチャルプラットフォームを利用する際に、PCにアプリのインストールが必須だったとします。 日本企業にこのようなプラットフォームをご紹介する場面でよく言われるのは 「オンプレミスはインストール自体が導入障壁となる」 というものです。 つまり、ダウンロードをする段階で、多くの方がつまづいてしまうことを気遣い、導入に至らないケースが多々あるということです。 では、これをアメリカの話でしてみましょう。 下記のショットはあるバーチャルプラットフォームでのライブ映像です。

企画の内容はさておき 驚くべきはその参加人数です。 軽く1,000名位はいたのではないでしょうか。 一般の方を対象とした企画でありながら いとも簡単に参加ができてしまうこのアメリカの現実。 このようなライブを初めとして、海外では主にバーチャルアバター展示会は、その企画・コストメリットからもはや常識となりつつあります。 今や、このような世界から取り残されているのは、日本市場だけだとこの身でひしひしと感じています。 今年は 「初めの一歩を踏み出そう」 を合言葉に 第一歩を踏み出す、勇気のある企業様を 全身全霊をもってバックアップしてここうと思います。 先駆者にはリスクも伴うと言われますが 一世紀前であれば、生きるか死ぬかのリスクもあり得ましたが 現代のビジネスシーンにとっては 開発企業もそれなりにリスクヘッジをした手法を取っていますので 安心して試しビジネスを加速させる事が可能だと思います。 先行者利益もその一つです。 私たちと共に、一歩前へ!! 本年も宜しくお願いいたします。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示