top of page

革新か停滞か?: 組織の成長をメタバースがどのように加速させるか

メタバースは、組織・企業をダイナミックに成長させることができる可能性が大きいテクノロジーです。それは、今日のビジネスが革新していくか、停滞するかの二択という、厳しい現実に直面しているからです。


今回のブログでは、将来にわたって業界をリードし、収益を上げていく新たな機会を見出すために、仮想空間がどのように役立つかを探っていきます。



将来にわたって業界をリードし、収益を上げていく新たな機会を見出すために、仮想空間がどのように役立つかを探っていきます。
チームビルディングの歴史において今、ひとつの分岐点に来ている?


1. メタバースの活用で生産性を高め、共同作業のアイデアを向上させる。


バーチャル環境は、共同作業を通じて成果をあげようとするときに大きな力を発揮します。共有の作業環境を整備することで、イノベーションを推進する人間関係をスタッフ同士が築けるようにします。これは、通常のオフィスで対面行われることと同様に「近くにいること」によるチームビルディングと捉えることもできますが、メタバースについてはよりいっそう優れていると言えます。



ドアホン、個別オフィス、会議室などを兼ね備えた非常にポピュラーなVirbelaのオフィスプラン「Team Suite」
ドアホン、個別オフィス、会議室などを兼ね備えた非常にポピュラーなVirbelaのオフィスプラン「Team Suite」


----------どのように優れているのでしょうか?


それは、環境整備のために従来かかってきた膨大な開発リソースをかけずに世界中のチームをつなぎ、多様な知識やアイデアを結集できることです。また、スタッフが最大限能力を発揮できる仕組みを提供することで、スタッフ間のつながりの質も向上させることができるのです。


少し前の研究になりますが、アメリカの『ハーバード・ビジネス・レビュー』で特集された2017 年の研究では、対面でのコミュニケーションは、電子メールよりも効果的であること、そして、そのコミュニケーションの質は、テキストベースのやりとりを、最大 34 倍も上回ることができる、と述べられています。


しかし今、あなたもご存知の通り状況は大きく変わりました。私たちはデジタル・コミュニケーションに精通し、直接対面しなくても、時代遅れの制約を克服できるテクノロジーを手に入れたのです。  


メタバースでは、アバターを活用して個人がリアルタイムに少人数で会話しながら交流できます。これにより、企業はその高品質なコラボレーションをバーチャル環境に再現し、そしてリアルを超えていくことができるのです。


その理由の 1 つは、メタバースによってスタッフがオフィスにまつわるストレスから解放されることです。通勤時のストレス、オープンフロアであるが故の騒音、タイトなスケジュールは、イノベーションに必要な集中力や創造性を制限する可能性があります。



通勤時間・社内の騒音などリアルでもたくさんの課題があります
通勤時間・社内の騒音などリアルでもたくさんの課題があります

実際、多くの人がオフィスにいるのは難しいと感じていても、社内で揉め事になるのを恐れて声を上げません。通常、彼らの心配の多くはワークライフバランスに関することであることも明らかです。


経済的・または生活上の理由でオフィスから離れた場所に住む人もいますが、そうなると通勤費がかかります。しかし彼らは「真面目に働く」以外の方法で、家庭に気を配りたいと考えているかもしれません。  


メタバースは、企業を成長させる繋がりと人間関係を維持しながら、多くの典型的なストレスから人々を解放する手段を企業に提供します。


これはコロナ禍を機に大きく変容した生活様式の転換点です。短期的には賛否両論を巻き起こすかもしれませんが、バーチャル・コラボレーションが、新たなレベルの生産性とイノベーションを生み出す力を秘めていることを、大手企業は急速に認識しつつあります。


これまでは資本主義に則る形で企業の資産規模や展開規模により競争が行われてきましたが、コロナ禍により強制的にスタートしたリモートワーク需要により大きくそのあり方は変わってしまいました。


世の中のワークライフバランスの変化を早期に判断し、社内イノベーションを起こすのは「なにを・どう・どんな環境で」行うかに対してアクションが問われているのは明らかです。つまり、企業や組織のマインドのあり方による新たな競争がすでに始まっている、ということを意味します。



2. 新規顧客との収益機会のドアを開ける


メタバースはまだ歴史が浅いため、一部の利用者はアーリーアダプター(早期導入者)と社会からみなされることもしばしばあります。しかし、持続的な競争上のアドバンテージを得るのに遅すぎることはありません。


メタバース領域にいち早く参入することで、あなたの組織が世界的なテクノロジーの最先端にいることを、顧客や見込み客に伝えることができます。


自社のメタバース環境にお客様を招いて商談やイベントを行うユーザーがVirbelaにおいて増加しています
自社のメタバース環境にお客様を招いて商談やイベントを行うユーザーがVirbelaにおいて増加しています


また、メタバース・ソリューションを中心に、新たな収益源を構築することもできます。


以下にいくつかのアイデアを挙げてみます:


  • メタバース環境に顧客や見込み客とのミーティング用のスペースを設置し、貴社と働くことがどのようなものかを体験してもらいます。


  • メタバース環境提供元とアライアンスを締結し、仕事用やイベント用の独自のバーチャル世界を顧客に提供します。(勿論当社も対応しております)


  • パートナーとのイベントを主催することで、効果を倍増させながら作業を効率化できます。


メタバース活用のパイオニアとなることで、企業は新たな市場セグメントにリーチし、顧客の信頼を高め、ブランドの価値を最大化する、没入型体験を創造することができるのです。




Team Suite
「Team Suite」



3. SDGsへ対するアクティビティをサポートする明確な方法


メタバースは、企業が環境への負荷を削減できる大きな可能性を秘めています。チームを商業用不動産からバーチャル世界へと移行させることで、企業は持続可能性を支えるオフィスの物理的な面積を大幅に縮小することができます。

 

また、リモートワークを可能にすると、毎日数千人の通勤が不要になり、大きな効果が得られます。コロナ禍のステイホーム期に街から通勤者がいなくなった時の記憶がまだ鮮明な方も多いかと思いますが、リアルが復活した今も、リモートワークをリアルとうまく併用することにより、ワークライフバランスを整えることにつながる効果があることはもはや、明確です。



科学者は、2023年を「観測史上最も暑い年」と呼んでいます。それに対して、世界各地のリーダーたちは立場を表明することができます。 バーチャルなインフラ環境は、気候変動への影響を軽減するのに役立つことでしょう。



最新テクノロジーと並行して向き合っていかなくてはならない問題
最新テクノロジーと並行して向き合っていかなくてはならない問題



4. メタバースは運営コストを削減し、収益性を拡大します。


メタバースはコスト削減の直接的なツールとして機能します。オフィススペース、光熱費、消耗品、その他のさまざまな支出を含む運営コストは、企業にとって常に無視することができない重要な要素です。


オフィスの諸経費や出張費をバーチャル世界に置き換え、メタバースへの劇的なシフトを進めている企業もあります。


メタバースの力を探求し始めたばかりの企業にとっては、段階的なシフトも有効です。チームを1つずつ呼び寄せることで、部門のリソース配分を根本的に改善することができます。


さらに、メタバースが企業全体に浸透するにつれて、間接コストも減少します。スタッフの柔軟性が高まることで、生産性の低下は問題にもあがらなくなっていくでしょう。消耗品のような付帯費用は減少するでしょうし、イベントのような変動費も安定するでしょう。



最新テクノロジーと並行して向き合っていかなくてはならない問題
メタバースに限らず、現代ならではのテクノロジーを駆使してコストカットを図りましょう


5. 試験的なメタバース環境の立ち上げは、予想以上に簡単かも。


設計や開発に多大なコストや期間をかけることなく、ブランド化されたメタバースを立ち上げることが可能です。Virbelaは、企業の物理的スペースやデジタル資産の延長のような、安全なバーチャル世界を提供します。



例としては、「GAIA TOWN」の中ではユーザーによるメタバース婚活が大きく成功しています
例としては、「GAIA TOWN」の中ではユーザーによるメタバース婚活が大きく成功しています


私たちのチームは、目的、目標、予算などを考慮しながら、貴社にとって最適なパイロット・プログラムを決定するお手伝いをいたします。メタバースで成長を加速させる方法について、もっと詳しく知りたい場合は

株式会社ガイアリンク カスタマーサクセス


までお問い合わせください。





閲覧数:108回0件のコメント

Comentários


  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube

株式会社ガイアリンクへのお問い合わせ

tel 050-1807-3061

月〜金曜日 9:00〜12:00・13:00〜17:00

(土・日・祝日及びお盆・年末年始を除く)

bottom of page