top of page

メタバースでのチームスキルを成長させる方法

メタバースが勢いを増すにつれて、仮想空間でビジネス目標を達成するためのスキルと知識を、ユーザーの皆様にも習得してもらう必要性が出てきています。この流れは世界的にトレンドとなっている部分もあり、ブログにまとめてみました。


このロードマップでは、御社のメタバーススキルを成長・拡大へと導く戦略とその目的を解説いたします。 ご質問やご相談は、(株)ガイアリンク カスタマーサクセス運用部 support[アットマーク]gaia-link.net までご連絡ください。




マイルストーン1:メタバースで効果的に交流する

目的:バーチャルスペースで活躍するためのスキルと知識を、チームに与える




第1段階:基礎

  • 御社のメタバース担当者を決めましょう。チームトレーニング実施は一部有償となりますが、サポートいたします。

  • トレーニングのためVirbela日本公式販売代理店である当社がサポートします。ガイドや使用方法など、ガイアリンク より共有します。

  • テレポート、エモート、Webボードの使用など、スタッフに必要な主要スキルは何かを確認しましょう。

  • アバターをカスタマイズして、何十億通りもの外見の組み合わせを楽しみましょう!!



第2段階:技術的な習熟度アップ

  • チームが、キャンパス内をスムーズに移動できるようになりましょう。

  • 自信をつけるために、メタバースで一緒の時間を過ごしましょう。

  • パブリックチャットの使い方や、契約フロアでの家具の設定などを練習しましょう。

  • 応用としては手を振って挨拶したり、キャンパスを歩き回ったりするような社交スキルも含まれます。



第3段階:継続的な学習



マイルストーン2:クライアントがあなたの契約フロアやプライベートキャンパスを訪問し、探索する

目的:クライアントを、バーチャルワールドの積極的な参加者に変える。





第1段階:クライアントの準備

  • メタバース上でサービスを提供できるクライアントを特定しましょう。

  • 説明を始め、キャンパス探索の招待をしましょう。

  • あなたのサービスやコンセプトを共有することで、参加する準備をしてもらいましょう。

  • ガイアリンクのYouTubeやブログを活用いただくと便利です。



第2段階:没入型エンゲージメントを体験してもらう

  • GAIA TOWNのアプリを起動後、最初に降り立つWelcome Areaや空の下は無料です。

  • プライベートキャンパスをお持ちの会社・団体様はオフィス、役員室、屋上、カフェなど、主要なシーンを紹介しましょう。

  • プロジェクトやタスクについて理解を深めるために、追加のミーティングを予定しましょう。



第3段階:フィードバックと改善

  • メタバース体験に関する、チームメンバーからのフィードバックを収集しましょう。

  • インサイトを使って、バーチャル・エンゲージメント戦略を強化しましょう。お部屋のオーナー様には、ご希望者にはアクセスログの発行をサポートします。詳しくはsupportまでのメールか、GAIA TOWN受付のスタッフにお声がけください。

  • 十分な相互理解のために、クライアントへのアプローチを磨き続けましょう!

マイルストーン3:御社イベントを主催する

目的:企業のリーチを拡大するために、メタバースの創造性を活用する。





第1段階:イベント企画

  • イベントの種類とそのメリットについて、ガイアリンクのサポートチームと一緒に検討しましょう。

  • カンファレンス、製品紹介イベント、チームビルディングなどについて学びましょう。最近では学習塾や婚活イベントなど、有料フロアで開催されているイベントの種類は非常に豊富です。

  • 最近ではSpeech To Text(音声文字起こし翻訳機能)も搭載したので、海を跨いだイベントの開催も現実的です!

  • 各イベントの目的、対象者、ゴールを明確にしましょう。

  • イベント参加者を最も惹きつけるメタバース・シーンを発見しましょう。



第2段階:実施

  • 準備から本番までのあらゆる段階でガイアリンクのサポートを受けながら、イベントを開催しましょう。

  • この分野でのリーダーシップと、先駆的なスキル、ブランディング能力をアピールしましょう。

  • あなたのチームが参加者と関わることで、思い出に残る体験をしましょう。SNSやYouTube用に動画を残しておくことも重要です。



第3段階:評価と改善

  • アンケートや顧客とのミーティングから、フィードバックを収集しましょう。

  • イベント後の反応やコンバージョンを分析しましょう。

  • 次回のバーチャルイベントに反映させるための課題を確認しましょう。


マイルストーン 4:御社のバーチャルオペレーション

目的:チームをメタバースに移行することで、日常業務を高度化する。





第1段階:メタバース統合評価

  • メタバースがメリットを与えるのは、どのようなビジネス目標かを判断しましょう。

  • クライアント・ソリューションのような、バーチャルな世界で向上できる役割を確認しましょう。

  • バーチャルオフィスの拡張や会議の開催など、追加プランを作成しましょう。



第2段階:導入研修から慣れていくまで

  • メタバースの開始時期をいつにするか、チームとコミュニケーションを取りましょう。

  • 初期トレーニングからの展開を支援するため、オリエンテーションを実施しましょう。ガイアリンク サポートチームまでお気軽にご相談ください。

  • 基本的なスキルや、キャンパス上の主なシーンや目的地を確認しましょう。

  • メタバース・スキルを身につけるための道筋を提供しましょう。



第3段階:仮想ワークスペースの作成

  • さまざまなチームやプロジェクトに合わせた仮想ワークスペースをデザインし、カスタマイズしましょう。

  • コラボレーションツール、データ可視化、生産性向上アプリケーションを組み込みましょう。

  • リアルなオフィス環境をイメージしたり、ユニークなバーチャル環境を構築することで、つながりの感覚を育みましょう。



第4段階:日常的なメタバース・ワーク

  • 定期的なミーティングやコラボレーションをVirbelaで行うようチームに働きかけましょう。

  • ブレーンストーミング、プロジェクトの企画立案、ナレッジの共有に、メタバースを活用しましょう。

  • 従業員のエンゲージメントと生産性をモニターしましょう。メタバースへのスムーズな移行を保証します。



第5段階:ワーク・ライフ・バランス

  • 期待値を設定することで、健全なワーク・ライフ・バランスを促進しましょう。

  • 業務準備にかかるプレッシャー軽減を満喫するよう、スタッフに働きかけましょう。

  • Virbelaを常時オンにしても、それは「ずっとそこに居続けなければならない」という意味ではないことを、明確にしましょう。

  • 会社レベルでバーチャルチームワークを評価し、報酬を与えましょう。

閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • YouTube

株式会社ガイアリンクへのお問い合わせ

tel 050-1807-3061

月〜金曜日 9:00〜12:00・13:00〜17:00

(土・日・祝日及びお盆・年末年始を除く)

bottom of page