あえて定義づけをしない「メタバース」


1990年代のある日。

電気店に現れたおじさん。


「インターネット1つください!」


店の陳列棚の中から「インターネット」と言うものを見つけることができなかったので店員さんを呼んで発した一言だという。


Windowsが世に出たあのデジタル黎明期。ニュースや記事で取り上げられた笑い話のような本当の話だ。インターネット、という言葉そのものがまだ日常ではなかったあの時、「店で買える物質的なもの」しか日本人の概念になかったあの時、インターネットという「何か」をお店に買いに行きたくなる気持ちはわかる。誰もがそう思ってうなずいた。

あの時のあのおじさんにはインターネットに対する説明や定義づけが必要だった。

そしてその記事を笑い飛ばしていた他のおじさんたちも内心「危ない危ない。自分も同じことをするところだった」と胸を撫で下ろしたことだろう。


時は経って、2022年。今、インターネットについて説明を受けなければ使えないと言う人たちはいるだろうか?

インターネットを電気店に買いに行くはいるだろうか?

今、インターネットという言葉を聞いても定義を説明してもらはないとさっぱりわからない、という人はそうそういないだろう。80歳代の高齢者の方でも友達や仲間とLINEで会話している、という人は多い。その方々にインターネットの定義づけをしなければ、LINEを使えない、などということはない。


さらに言うと、若者世代はそもそも空気のようにインターネットが周りに飛び交っている状態でこの世に誕生している。

「水ってなに?空気ってなに?」という定義をわざわざ説明しなくても、呼吸ができ、生きていくことができることと同じレベルで、我々は日々呼吸をするようにネットにつながっている。もう「あの頃」に戻ることは人体の機能上できない、と言う世界である。


「それがなくてはもはや生きていくことすらできない」ものとなった時、その概念に対する定義づけ、と言うものは不要なものとなる。なぜならそのものの意味などわからなくても、それはそこに現に存在して、なくては生きていくことも困難になっているからだ。


今、毎日耳にする「メタバース」という言葉。

今の状況はインターネット黎明期に似ている。誰も定義づけして説明ができないし、仮に頭のいい人たちが説明をしたって、聞いている側はなんだか訳がわからない。

「メタバース一つください!」の状況に近い。


ただ、確実に言えるのは、筆者の私自身が毎日欠かすことなくメタバースの世界に入り、一度も会ったことがない人たちと仕事をし、学び、成長の機会を得ていると言う現実がすでにある、と言うことだ。