NFTギャラリーにお越しください!

さて、2021年に流行した「メタバース」という言葉の他に、

世の中を賑わせている言葉が「NFT」。


「最近よく聞くけれど、何だかよくわからない」という方も多いかと思います。

NFTは Non Fungible Tokenの略語で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれたりしています。いやいや、「非代替性トークン」自体が説明になっていない!ですね。


そうですね。

では、もう少しくだけた説明をさせていただきます。

「非代替性」というのは、簡単に言うと「交換できない性質のもの」です。

「トークン」を簡単に言うと「証明するもの」です。

または「交換券」という表現をする専門家の方もいます。


この二つをまとめると「交換できない性質を証明するもの」、と言うことになりますね。

「証明するもの」は少し長いので、ここではトークン、と表現することにします。

では、世の中に出回っている「交換できるトークン」にはどんなものがあるでしょうか?


交換できるトークン① 仮想通貨(暗号資産)

世界中に分散するコンピューターによって取引や流通経路が証明できる、それぞれのブロックチェーン技術(分散型台帳)を独自で開発し、そのブロックチェーン上で発行、流通をしているデジタルの通貨です。

ビットコインやイーサリアム、などが有名ですね。これを使って、投資をしたり、デジタル作品を購入したりすることができます。 交換できるトークン②ポイントカード 楽天カードやNanacoなど、皆さんが普段持っているポイントカードも

、交換できるトークンになりますね。それを持っていれば、現金と同じように何か商品やサービスと交換することが




できます。


これで、なんとなくトークンとは「証明するもの」と言うことであり、

「代替性」とは「何かと交換できる性質」、と言うイメージがつかめましたでしょうか?


何かと交換できることを証明するもの。これが「代替性トークン」ですね。


では、いよいよ本題の「非代替性トークン (NFT)」について触れていきます。

先ほどご説明した、「代替性(何かと交換できる)」、「トークン(証明するもの)」を応用して当てはめてみると、


非代替性=交換できない

トークン=証明するもの


と言うことになります。

「何かと交換することができないことを証明するもの?そんなものあったかな?」

と思われるかもしれません。


交換できないもの、として良く例に挙げられるのが



スポーツショップで購入した全く同じ野球ボール。

1つは真っ白な誰も使ったことのないもの。



もう1つは有名な選手が握って、サインをしたもの。


どちらもスポーツショップで購入した時には同じ価格です。

さて、あなたはその選手のファンで運よくそのボールを手にすることができました。


あなたの友人が、

「俺のこのボール(真っ白なボール)とそのボールを交換してくれないか?」

と持ちかけてきたらどうしますか?

「別に同じ値段だからいいよ」と言いますか?

絶対に答えはNOですよね。


そうです。これが非代替性(交換できない。この世に唯一のもの)です。

2つのボールの価格は同じ。でも、所有するあなたにとっては、白い何も描かれていない同じボールとは全く別の「高い価値、唯一性」を持った、世界に1つしかないボールです。要するにそれは「非代替性を持ったボール」、と言うことになります。


現実世界では、「有名選手のサイン」「ハンコ」「ペットの血統書」など、目に見えてわかりやすい状態で非代替性を証明することができます。


しかし、デジタルの世界では、例えばデジタルアートなどは物理的に手に取ってみることもできないので、非代替性を証明することは難しいと言われてきました。

「これは有名な人が描いたデジタルアートだよ」と言われても、本当にその人が描いたオリジナルなのか区別できません。もしかすると単なるスクリーンショットかもしれないですね。デジタルコンテンツの多くはコピーしてしまえば見た目は全く同じになる以上、「オリジナル」という表現そのものが存在しない。


これはデジタルの世界でビジネスをしている人たちの大きな課題でした。


その非代替性と、先ほど少し触れた「ブロックチェーン」技術とを掛け合わせて、デジタルの世界に応用したのがNFT(非代替性トークン)です。

デジタルの作品や文書にこのNFT(何かと交換できない証明)を添付することが可能になったのです。


では一体、NFTはどんなことに使われるのでしょうか?


例えばあなたがアーティストだとします。ある日、とてもいいデジタルアートを描くことができました。そして、あなたはそれを数量限定で世界中の人にオークションで買ってもらうことにしました。


さぁ、このデジタルアートを世界に流通させる上で、もしこのNFTの技術がなければどうなるでしょうか?

あなたの作品は数量限定で販売したとしても、簡単にコピーされてしまいます。

現実世界で描いた作品と違い、音楽も絵も、デジタルの世界で作られたものはデジタル技術で簡単にコピーされてしまうのです。


あなたは「世界に10個しかない」と数量限定で販売したつもりでも、世界中には何千枚とその絵はコピーして流通してしまうかもしれません。その絵がもはや、あなたが描いたオリジナルなのか、誰かがコピーしたものなのかもわからなくなります。


それだけならまだしも、あなたは世界中に流通する何千枚もの絵が人から人の手に渡るたびに何か利益を得ることができるでしょうか?「有名になる」と言うメリットはあるかもしれませんが、金銭的な利益はゼロです。これでは少し寂しいですよね。

今、多くのデジタルアーティストが音楽やデザインの世界で違法コピーの流通によって自分の利益を取り逃していることに悩んでいます。


そこでNFTの出番です。

あなたが「世界に10個だけ」と決めて完成させた作品にNFTをつけます。

NFTは何の略でしたか?

「非代替性(何かと交換することのできない)トークン(証明書)」でしたね。

そして、NFTのベースにはブロックチェーン技術(世界中のコンピューターを使って流通や安全性を証明する技術)があります。


すると、その作品はその瞬間から「流通経路が全てわかる、世界に10個しか存在しない、交換不可な作品である、ということが保証された証明書付の作品」と言うことになります。


あなたのアートを買った日本人が、将来少しお金に困って、ドイツの友人に売ったとします。NFTが付与されているおかげであなたには、「第一購入者の日本のAさんが、今度は第二購入者であるドイツ人のBさんにいくらで売りました」と言う通知が来て、あなたには販売額の何%かが入る仕組みになっているのです。


この仕組みがあれば、世界中どこでも、人から人の手に渡るたびに世界に10個しかないことの証明書付のその作品は、いつもあなたに金銭的な利益をもたらしてくれるのです。

これは大変な革命です。今後はこのNFT技術によって救われるアーティストがたくさん現れてくるでしょう。そして、トークンという性質を持った作品に対しては「安全な投資」という可能性も期待されています。


「このNFT付きの歌は将来価値が上がるかもしれない。今のうちに買っておこう」という、「楽曲への投資」という新しい投資方法を考える人が出てくるかもしれません。そして今後その歌の価値が上がって行くに従い、人から人へ流通したとしても、その歌の作者には何らかの利益が入ってくるのです。


ただし、ここで注意しなくていけないのは、この技術は「あらゆる違法コピーを防ぐ技術ではない」、ということです。やはりデジタルアートはコピーすることは簡単ということ自体に変わりはないのです。例えば、デジタルアートであれば作品をパソコンに映し出してスクリーンショットを撮ってしまえば、そこそこのクオリティーのコピーができます。音楽も同じようにコピーされるかもしれません。


でも、NFTの技術がみんなに知られてくると、100万円でその絵を買った日本人が、それを50枚コピーして一つ200万円で50人に売ろうとしても、購入する人たちは、「NFTを確認させてください」と一言言えば、それがコピーしたものであるか、NFT付きのものであるかは確認することができます。


NFTなんていらないし転売もしない、私は単純にその絵が好きでスマートフォンの待ち受け画面にしたいだけなんだ。と言う人にとってはそれでも良いのかもしれませんが、違法コピーを大量に作って、画商のようにビジネスとしてあなたのデジタルアートを流通させることで大儲けすることはできなくなります。


少し長くなりましたが、これからは

「交換できない、唯一性を証明し、流通経路を明らかにすることができる」技術、NFTを使って、アートだけでなく、さまざまなデジタル取引が安全で便利なものになっていく、と言われています。

  • 不動産契約書(改ざん防止)

  • コンサートのチケット(買い占め転売防止)

  • アバターのスキン(衣装)などのデジタルコンテンツ(アプリを超えたデジタルコンテンツの流通)


などに応用することで、さまざまな取引や流通がより安全で信頼できるものになって行くと言われています。


今回は少し難しい話になってしまいましたが、これからは皆様の生活により身近に感じられるようになってくると思われるNFT、ブロックチェーンについて、少しでも理解を深めていただければ幸いです。


さて、現在当社のメタバース(3D仮想空間)「GAIA TOWN」ではデジタルアーティスト「KOGAKEN」さんによるデジタルアートの展示を行っています。

タウンにログインしていただいた後、「GO-TO(次に移動する)」メニューから「ギャラリー」を選んで、バーチャル展示場にテレポートしてみてください。

KOGAKENさんのアートギャラリーを楽しんでいただくことができます。





絵が気に入った方、一度NFTを所有してみたい、と言う方は各アートに近づいていただいて、プライベートボリューム(青い枠)に入ってもらうと画面が切り替わり、インスタグラムのページにジャンプするためのQRコードが現れます。





そちらをスマートフォンなどで読み取っていただくことでKOGEKENさんのデジタルアートの詳細や、購入に進んでいただくことができます。


ご不明点がありましたら、いつでもタウン内にいるスタッフにお声がけください。


では、今日も素敵なバーチャルワールドライフを楽しんでくださいね!


Happy Metaversday!




閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示