NFTギャラリーにお越しください!

さて、2021年に流行した「メタバース」という言葉の他に、

世の中を賑わせている言葉が「NFT」。


「最近よく聞くけれど、何だかよくわからない」という方も多いかと思います。

NFTは Non Fungible Tokenの略語で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれたりしています。いやいや、「非代替性トークン」自体が説明になっていない!ですね。


そうですね。

では、もう少しくだけた説明をさせていただきます。

「非代替性」というのは、簡単に言うと「交換できない性質のもの」です。

「トークン」を簡単に言うと「証明するもの」です。

または「交換券」という表現をする専門家の方もいます。


この二つをまとめると「交換できない性質を証明するもの」、と言うことになりますね。

「証明するもの」は少し長いので、ここではトークン、と表現することにします。

では、世の中に出回っている「交換できるトークン」にはどんなものがあるでしょうか?


交換できるトークン① 仮想通貨(暗号資産)

世界中に分散するコンピューターによって取引や流通経路が証明できる、それぞれのブロックチェーン技術(分散型台帳)を独自で開発し、そのブロックチェーン上で発行、流通をしているデジタルの通貨です。

ビットコインやイーサリアム、などが有名ですね。これを使って、投資をしたり、デジタル作品を購入したりすることができます。 交換できるトークン②ポイントカード 楽天カードやNanacoなど、皆さんが普段持っているポイントカードも

、交換できるトークンになりますね。それを持っていれば、現金と同じように何か商品やサービスと交換することが




できます。


これで、なんとなくトークンとは「証明するもの」と言うことであり、

「代替性」とは「何かと交換できる性質」、と言うイメージがつかめましたでしょうか?


何かと交換できることを証明するもの。これが「代替性トークン」ですね。


では、いよいよ本題の「非代替性トークン (NFT)」について触れていきます。

先ほどご説明した、「代替性(何かと交換できる)」、「トークン(証明するもの)」を応用して当てはめてみると、


非代替性=交換できない

トークン=証明するもの


と言うことになります。

「何かと交換することができないことを証明するもの?そんなものあったかな?」

と思われるかもしれません。


交換できないもの、として良く例に挙げられるのが



スポーツショップで購入した全く同じ野球ボール。

1つは真っ白な誰も使ったことのないもの。



もう1つは有名な選手が握って、サインをしたもの。


どちらもスポーツショップで購入した時には同じ価格です。

さて、あなたはその選手のファンで運よくそのボールを手にすることができました。


あなたの友人が、

「俺のこのボール(真っ白なボール)とそのボールを交換してくれないか?」

と持ちかけてきたらどうしますか?

「別に同じ値段だからいいよ」と言いますか?

絶対に答えはNOですよね。


そうです。これが非代替性(交換できない。この世に唯一のもの)です。

2つのボールの価格は同じ。でも、所有するあなたにとっては、白い何も描かれていない同じボールとは全く別の「高い価値、唯一性」を持った、世界に1つしかないボールです。要するにそれは「非代替性を持ったボール」、と言うことになります。


現実世界では、「有名選手のサイン」「ハンコ」「ペットの血統書」など、目に見えてわかりやすい状態で非代替性を証明することができます。


しかし、デジタルの世界では、例えばデジタルアートなどは物理的に手に取ってみることもできないので、非代替性を証明することは難しいと言われてきました。

「これは有名な人が描いたデジタルアートだよ」と言われても、本当にその人が描いたオリジナルなのか区別できません。もしかすると単なるスクリーンショットかもしれないですね。デジタルコンテンツの多くはコピーしてしまえば見た目は全く同じになる以上、「オリジナル」という表現そのものが存在しない。


これはデジタルの世界でビジネスをしている人たちの大きな課題でした。


その非代替性と、先ほど少し触れた「ブロックチェーン」技術とを掛け合わせて、デジタルの世界に応用したのがNFT(非代替性トークン)です。

デジタルの作品や文書にこのNFT(何かと交換できない証明)を添付することが可能になったのです。


では一体、NFTはどんなことに使われるのでしょうか?


例えばあなたがアーティストだとします。ある日、とてもいいデジタルアートを描くことができました。そして、あなたはそれを数量限定で世界中の人にオークションで買ってもらうことにしました。