• gaialink

バーチャル空間で授業を体験する

ほとんどの生徒は友達のために学校に行くことが好きです。アンケートでは、ニューヨーク市の学生の2020年の調査は、その半数以上が教室に戻ることを望んでいることが明らかになっています。

2019-20学年度の3分の1をリモート授業で過ごすことになってしまった学生の多くは、妥協案としてハイブリッド学習を望んでいます。彼らは、放課後の活動、仕事、働く親に対応するために、キャンパス内外でのデジタル授業と柔軟なスケジュールを求めています。

若い年齢だとしても、生徒たちは自分にとって最適な未来の職業を特定できます。彼らが大学に入る頃には、独立した生活をし、自身のキャリア形成と家族との時間のバランス感覚も重要になってきます。

ですから、ビデオ会議やその他のオンライン授業は、一時的な情報にアクセスするための解決策にはなるももの、長期的には十分ではありません。 オンライン授業が続くにつれ、教室やキャンパスのクオリティに対するニーズが高まっています。将来設計に向けたディープラーニングと総合的な理解がどのように行われるか、も大切です。 Virbelaでは、放課後も再現できます。 授業が終わった後、友達とプライベートトークをしたりすることは、学生生活でもとても重要な時間であることはあなたもご存知なはずです。 現実世界で考えてみてください。いい大学に入学したり、充実した仕事に就いたりすることは、人間関係やイベントのネットワークの一部です。教育もそうあるべきではないでしょうか?

Virbelaのようなバーチャルワールドプラットフォームを使用すると、よりリアルな教室体験が可能になります。ニューヨークの公立学校の学生向けの調査回答者の60%は、ZoomよりもVirbelaを使用した方が教授との関わりを深められていると回答しました。これは、デジタルコンポーネントと仮想世界コンポーネントがハイブリッドな教育システムを提供し、ほぼすべての人を引き付けることができるためです。

テクノロジーとイノベーションが教育の道をどのようにリードできるか。 Virbelaで是非確かめてみてはいかがでしょうか? 教育においても、新型コロナウイルス対策は急務中の急務です。物理的な安全性が最優先事項であるため、ビデオプラットフォームを介したリモート学習は新しい常識の一部となりかけています。

ビデオ会議はレッスンの継続させることに対しては優れていますが、愛着心には実際のところは不十分です。さらに、欠けている要素は多国間・他地域間によるリアルタイムなコミュニケーションです。教室で教授は、一度に複数の質問に答えることができます。学生は分科会を形成することもできます。プレゼンテーション資料は、学生または教授のスピーチおよびジェスチャーと同時に表示されることができます。 教育をVirbelaでやってみたい。 そんな方もお気軽にガイアリンクにご相談ください。

閲覧数:168回0件のコメント